歯周病について

成人の8割が歯周病にかかっていると言われています 
〜まさに国民病です


ところが、歯周病は重症になるまで自覚症状がないまま進んでしまう場合が多く、気づいた時には手遅れになってしまっている事もあります。
歯周病は歯科医院で専門的に審査診断し適切な治療をする事が一番肝心です。

《そもそも歯周病って何?》
歯ぐきに起きる、化膿性の炎症、それが歯周病です。痛みもなくじわじわ進行し、歯ぐきが腫れたり口が臭くなったり、歯を支えている骨が痩せてぐらぐらになり、放っておくと最後には歯が抜けてしまいます。以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。

shisyu01.jpg


ですから歯周病の進行度を調べるのが重要です。
セルフチェックもできますが歯科医院で専門的に調べると最も正確な診断ができます。

shisyu02.jpgその検査は
(1) 口腔内写真
(2) 歯周基本検査
(3) エックス線写真撮影

が、主に行われる検査です。

検査結果により個人個人の歯周病の進行度が分かりますので、進行度にあった治療計画を立てていきます。




(1)口腔内写真 〜歯ぐきの色や腫れぐあい、歯石が付いているかどうかの診査

shisyu03.jpg歯周病の歯ぐきの特徴は

・赤い色をしている
・腫れてむくんでいる
・血や膿が出る



(2) 歯周基本検査 では主に次の検査をします
歯周ポケットの測定
〜歯周ポケットの深さを測る
「ポケットプローブ」という棒状の器具を歯周ポケットの中にそっと挿入してポケットの深さを測る

shisyu04.jpgshisyu05.jpg <測定結果>
3舒米−正常もしくは歯肉炎
4・5−初期〜中等度歯周炎
6〜9−中等度〜重度歯周炎
10舒幣−重度歯周炎
ポケットプローブ歯周ポケット測定
 

動揺度の測定
〜歯のぐらつきの程度を測る

shisyu06.jpg<測定結果>
動揺度0−正常,ほとんど動かない
動揺度1−初期の歯周病,歯が前後の1方向に動く
動揺度2−進行した歯周病,歯が前後・左右の2方向に動く    
動揺度3−重度の歯周病,歯が前後・左右・上下の3方向に動く



(3)エックス線撮影 〜直接見えない部分調べることができます  

歯を支えている骨の状態や、歯石が付いているかどうかなどを確認することができます

shisyu07.jpg



進行度が分かり治療計画が立てば治療のスタートです。

 
 

歯周病の治療法

歯周病は歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。特に歯周病原菌を少なくする事が重要です。

歯周病原菌は歯の表面に付いた磨き残し(プラーク)の中に潜んでいます。 このプラークをコントロールする事が歯周病治療(初期治療)の始まりです。
shisyu_b01.gif その治療は

適確な歯みがき(ブラッシング)
歯石の除去が基本となります。


初期治療によるプラークコントロールには2種類あります


<歯肉縁上プラークコントロール>

歯ぐきより上にあり,歯の表面に付着している汚れ
→自分自身がブラッシングで取ります
日本人のほとんどの方が毎日ブラッシングをしていますが、自己流ですと磨き残し(プラーク)が沢山あるのが現状です。
病状にあった磨き方を専門的に歯科衛生士から指導を受けると改善されます。
shisyu_b02.gif
shisyu_b03.jpg

<歯肉縁下プラークコントロール>
歯ぐきより下にあり,歯周ポケットの中に付着している汚れ
→自分自身でブラッシングする以外に歯科衛生士による専門の器具(スケーラー)で歯石や汚れを取ります。


shisyu_b05.gif
shisyu_b04.gif
 


【再評価】
〜初期治療によるプラークコントロールが終了したら再検査を行ない歯周病の改善度を調べます。
初期治療で約85%が治ります


プラークコントロールの効果
shisyu_b06.jpg
shisyu_b07.jpg
 初診時

ブラッシング開始1週間後

shisyu_b08.jpg
shisyu_b09.jpg
 ブラッシング開始4週間後歯石除去開始1週間後

治療後の良い状態を維持する為に
定期的な検査・毎日のセルフケア・歯科医院で受けるプロフェッショナルケア』
の3つが重要になります。