ホワイトニングって?

白く輝く歯はとても魅力的です。
今、歯を白くするホワイトニングがブームです
近年は、お手軽さや低価格化により、若い方からご年配の方まで日常的にホワイトニングを行なうようになってきました。
年齢を重ねるとどうしても歯の色が暗くなってきます。ホワイトニングで若返り(アンチエイジング)してみませんか?
ただし、歯を白くする方法はその希望される白さによって変わります。

その方法は大きく分けると
1、    ホームホワイトニング   (ご自宅で気軽にホワイトニングを行う方法)
2、    オフィスホワイトニング (歯科医院に通院していただいてホワイトニングする方法)
3、    オフィスとホームホワイトニングを両方する方法。
4、    被せもの(セラミック等)によって白くする方法
5、 歯の神経を取った後に黒ずんでしまった歯を白くする方法
上記の5つの方法があります
それぞれの特徴は

1、    ホームホワイトニング

マウスピースとホームホワイトニングキットを御自宅へ持ち帰って頂き、御自分でマウスピースの中に専用のジェルを入れて使います。
オフィスホワイトニングよりは日数・時間を必要とします。
上の歯と下の歯を別々に行いますのでそれぞれ2週間ずつかかります。
(計4週間、来院回数は3回)

注意点として、やったりやらなかったりだと効果は出にくいので続けることが重要。
寝ている間にする事も可能です。
白くなる度合いに個人差が少なく比較的後戻りしにくいのが特徴。

《治療例》

2009050620533011898_1.jpg    2009050620533011898_2.jpg
     術前                  術後
 
2、    オフィスホワイトニング

通院して頂きホワイトニング治療を行います。
強力な漂白剤を用いて漂白を行う方法で、レーザーやプラズマライトを併用する事で薬剤を更に活性化し効果を高めます。
痛みもなく、短時間で終わります。
ホワイトニング専任の女性スタッフ(歯科衛生士)が行うので安心です。
短時間で歯を白くする事が可能で、治療は1回約1時間の治療時間で3回すると効果的。
最短で1週間以内に完了する事が可能です。
ただし、白くなる度合いに個人差があります。

この方法ではとても注意しなければならない事があります。
それは色々な術式、使用する薬剤によって歯は白くなるのですが、
その後冷たい物にしみたり、歯が痛くなってしまう場合がある事です。

これはとても重要な事で、しみるのが治らないと歯の神経を取らなければならなくなる
場合もあります。
このことにより少なからず歯の寿命を短くする原因になる事になります。
ユー歯科ホワイトニングシステムは、ホワイトニングシステムの中でも最もしみる事が少なく、
歯にとって安全な方法です。

《治療例》

2009050620533011898.jpg     2009050620523321567_2.jpg
     術前                    術後

3、    オフィスとホームホワイトニングを両方する方法

オフィスとホームの併用は、両方の良さが相乗効果を生み確実で早く、白く輝く歯になります。
歯の美白は時間がなければ、1回通院して頂くだけでもかなりの効果があります。
しかし一般的には、1〜2ヶ月かけて通院・自宅でのホワイトニングを併用してじっくりと健康的に白い歯を獲得していく方法がとられています。
そのほうが、光沢のある健康的な歯が得られます。

 ただし、上記1〜3の方法は髪を染める時と同じで少なからず後戻りがあります
 (方法によってその度合いは違います)
 いずれにせよ処置後のタッチアップ(後戻り防止処置)が必要となります。

《治療例》

2009050621070012256.jpg    2009050621070012256_1.jpg
      術前                     術後

4、    被せもの(セラミック等)によって白くする方法
被せものは人工物ですので、希望される限りの真っ白な歯を作る事が可能です
元野球選手のSさんはセラミックによって真っ白な歯にしました。

ただし、よく見ると日本人の肌の色と比較して少し不自然な白さかも知れません。
ここまでの白さを希望される方はセラミックが良いでしょう。

ただし歯を削ってかぶせなければなりませんので、すでに被せ物をしている方
にはお勧めしますが、そうでない方にはあまりお勧め出来ません。
(歯を削る事により歯の寿命を短くする可能性があります)


セラミックでは色だけではなく歯の形や並びもある程度まで変える事ができるので
歯並びや歯の形までを根本的に治したい方にはお勧めです。
そして、小さい頃に飲んだ薬の影響で元々歯に着色がある方には歯の外側を一層削って
かぶせるラミネートベニア方をお勧めします。
被せものによって白くする方法には後戻りがありませんが、被せもの自体の耐久年数が
あります。

《治療例》     
                                           
2009050620523321567.jpg     2009050620504921532_1.jpg
      術前                     術後

2009050620514121498.jpg     2009050620514121498_2.jpg
      術前                     術後

セラミックでラミネートベニア法を行う場合は、保険外診療となります。
費用〜1本7万円(税別)